HOME>小川組通信電子版>インターンシップやってみた

小川組通信電子版

2018/04/11インターンシップやってみた

いやー暑いですね!!!
春という季節はもうなくなってしまったのでしょうか。。。

さて、今回の建築部ブログのテーマは「インターンシップやってみた」
ということで、専門学生2名が当社でインターンシップを実施しました。
別々の現場に配属され、約2週間、実際に現場で作業等を行っていただきました。



今回、川崎区にあるKマンション新築工事に配属された学生さんを取材した様子をまとめました。


①修正.jpg


まずは朝礼に参加し、現場で注意すべき点などを把握してもらいます。
「現場の中を歩く」という単純なことでも危険が伴う可能性があるので
事前に情報をいれておく、ということは非常に重要なのです。


②.JPG


③.JPG

現場担当の若手社員A君付き添いのもと、作業内容や資材の説明を受けていますね。
学生さんに説明をする、といっても
極力、専門用語などを使わずにわかりやすく伝えなければなりません。
そのため、直接対応する若手社員にとっても良い勉強になるのです。
人に何かを伝えるって難しいですよね・・・


④.jpg


さて、実際に現場作業に協力してもらいました。
なにかビニール状のものを付けていますね。
これは「仮樋」(かりとい)といい、工事用の雨樋です。
申し訳ありませんが今回は「仮樋」の説明は割愛させていただきます。


⑤.JPG


今度はふたりで何か書いていますね。
これは、「コンクリート打設計画図」というコンクリート打設時に注意すべき点や
管理すべき事項を1枚の図面にまとめたものです。
こういった資料を見るということも学生さんにとっては貴重な経験となったのではないでしょうか。


⑥.JPG


足場の上から景色を見渡すのもなかなかできない経験ですね。
「マンションのベランダから見る」こととは一味違う感覚を味わえます。


⑦.JPG


おや、後姿もなかなか様になってきましたね。笑
是非またどこかの現場でお会いできるのを楽しみにしています!
・・・できれば小川組に入社してほしいなぁ~
2週間という短い期間でしたが、ありがとうございました。本当にお疲れ様でした。
我々も有意義な期間を過ごすことができ、良い経験となりました。

さて、次回は今年度入社した新入社員をターゲットにして
入社から研修、現場配属までをご紹介したいと思います。
5月上旬頃のUPを予定していますので、是非チェックしてください。

お問い合せ

最新記事

カテゴリー

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

フロンターレ川崎 川崎信用金庫 川崎ブレイブサンダース 神奈川地方協力本部 防衛省・自衛隊 東京中小企業投資育成株式会社

TOPへ戻る